Episode 024:2019年11月は焦らず丁寧にすすめるのが吉

日本経営気学協会の杉﨑です。

11月に入ると、年末を意識される経営者は多いと思います 。特に毎年目標を立てられている方は、現時点での達成率が気になり、年初に想定したように目標を達成できていなかったりすると、なんとかやってやろうと焦って事を進めがちです。

ところが、西河由貴先生に2019年11月を気学的に見ていただいたところ、逆に焦りは禁物とのことでした。

2019年11月の方位盤を見てみましょう。

2019年11月の方位盤

上の方位盤でお分かりの通り、中央に位置しているのは「二黒土星」ですが、この二黒土星のキーワードが11月の過ごし方と関係しているとのことでした。

ところで、焦りが禁物という点では、Episode001でお伝えした2019年の経営者が意識すべき3つのキーワードのうち、3番目の「停止」を思い出します。

  1. 変化や改革、引き継ぎ、節目
  2. 停止

一気に物事を進めるのではなく、その都度立ち止まって確認しながら一つ一つ丁寧に進めていく、というのが2019年の経営者の在り方でしたが、まさに11月の過ごし方と一致していますね。

その他、今回のポッドキャストでは五黄土星、八白土星、九紫火星の方についても西河先生に解説いただいていますので、ぜひお聴きいただければと思います。

今回のポッドキャストではこんなことを話しています

  • 11月は11月8日(立冬)から12月6日まで(11月7日で土用も終わり)
  • 11月は二黒土星が中心
    • 物事は急ぎ足ではなく、焦らず丁寧にすすめるのが吉
    • 二黒土星、八白土星、五黄土星はいろいろな変化、問題解決をする動きがあり
    • 天が応援してくれるのは九紫火星。九紫火星のキーワードをやると良い(物事を公平に見る、勉強する、人を束ねることを進んでやる等)
  • 11月22日、23日は恵方参りに行くと良い

ポッドキャストを聴くには

Appleが提供するiTunesストアをご利用いただくか、下記のプレイヤーよりお聴きいただくことができます。