Episode 019:人の採用に気学は活用できる?

経営者の方が社員やスタッフを雇うとき、自分の会社を良くしたい想いで多くの人の中から選びます。

ただ、「まさに自分の希望した人物だ」と思って採用したとしても、実際に働きはじめみると「なんか違う」と感じることは多々あるようです。

そんな時、すぐに新しい人を雇っても、次に来る人が自分の希望通りとは限りません。

ではどうすれば良いのか・・・Episode017では「自分を変える」ということを西河由貴先生にお話しいただきました。

ところで、経営者がそのような在り方で人を採用したとしても、採用された側にこんなことと言われたら・・・

「わたしが辞めると、その会社もなぜか潰れるんです」

今回のポッドキャストは、アルバイトとして雇った方からこのように言われた経営者の方からのお悩み相談になります。

経営者の方で、こういったジンクスを気にされる方は、案外多い気がします。

「そんなの気にしなくてもいい」とはいっても、本人から今まで働いた会社の経緯を聞かされたりすると、完全に無視するというのは気持ち的にも難しいでしょう。

一方でこの言葉を受けとめるということは、裏を返せば採用した人を延々雇い続けなければいけないということになります。

もしその人が、仕事にとても真剣に向き合い、会社の発展に貢献してくれる人ならとても悦ばしいことです。

しかし、朝は遅刻が多く、挨拶もしない、打合せの席で顧客にタメ口といった方だったらどうでしょう(やや極端ですが・・・)。この人の言葉を信じて雇い続けるというのは、ある意味チキンレースに近いことかもしれません。

今回はこういった人の採用について、気学的にどんな対応ができるのか、西河由貴先生にお話しいただきました。

今回のポッドキャストではこんなことを話しています

◎西河由貴先生の「経営者お悩み相談室」

【今回のお悩み】(40代経営者の方より) 先日アルバイトを雇ったのですが、その子が「わたしが辞めると、その会社もなぜか潰れるんです」と言っていました。とんでもない人を雇ってしまった気がしていますが、どうすれば良いでしょう?

ポッドキャストを聴くには

Appleが提供するiTunesストアをご利用いただくか、下記のプレイヤーよりお聴きいただくことができます。