行けば行くほどチャンスが増える「恵方参り」とは?~「恵方」の意味~

あなたは普段から、験(げん)を担ぐほうですか?

経営者の方の多くは、
たとえば何か新しいことを始めるときは
縁起の良い日を選んだり、
ご祈祷をしていただいたり、
開運を意識されているようです。

験担ぎにはさまざまな種類がありますが、
経営気学で取り入れているのが
「恵方(えほう)参(まい)り」です。

最近は、スーパーやコンビニなどで
「恵方巻き」を販売しているので、
『恵方』という言葉を聞いたことがある方は
多いでしょう。

では、『恵方』とはどんな意味なのでしょうか?

『恵方』とは、
その年の福や徳を司る神である
『歳(とし)徳(とく)神(しん)』がいると言われる方位で、
その方位は毎年変わります。

そして『恵方参り』とは、
その年に歳徳神がいる方位にある
神社仏閣をお参りすることによって、
たくさんのチャンスがいただける
お参りのことを指します。

お参りに行くタイミングは、
毎日でも、週に一回でも、
いつでも構いません。

ただ、やはり行く回数が多い方のほうが
得られるチャンスの数も多いようです。

次回からは、
具体的なお参りの方法について
お伝えしてまいりましょう。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。