経営者の意思決定を支える優れた叡智とは?

経営者の『本当の仕事』とは?
と題したトピックスのなかで、
経営者の本当の仕事は意思決定、
「自ら決めて動くこと」と
書かせていただきましたが、
あなたが日々、
さまざまな意思決定をするうえで、
判断基準にしていたり、
頼りにしていることや人の存在はありますか?

経営者の方にお聞きすると、
本当に多くの方が
算命学や四柱推命、
易経、風水、占星術、
あるいはエニアグラムや
スピリチュアルなものまで、
占いや学問、分析法など
さまざまなツールやデータを活用されています。

一方で、
「そんなものは使わず、
自分の経験や勘を信じて判断している」
という方もいらっしゃいます。

ビジネスの世界で
「KKD型経営」という言葉を
聞いたことがある方も多いでしょう。

「KKD」とは「経験・勘・度胸」のこと。

もちろん、
ツールやデータを使うことが正しくて
KKDが間違っているというわけではありません。

しかし、IT技術の急速な進化によって、
時代の変化も早くなり、
関わるマーケットも日本のみならず
世界各国に広がっている企業も
少なくありません。

こうしてビジネスを取り囲む環境が
めまぐるしく変わるなかで、
果たしてこれまでの経験則や勘だけで、
時代に即した経営を
継続して行っていくことができるでしょうか。

こんな時代だからこそ、
経営者がいつでも自信を持って、
よりスムーズに判断、意思決定できるための
ツールやデータも併用することが必要でしょう。

そして、せっかく活用するならば、
『経営気学』のように
古来より長きにわたって
経営者やリーダーたちに活用されてきた
すぐれた叡智を選ぶことが賢明でしょう。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。